なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

*

楽天カードの審査に落ちた!!実は審査に優しくない通らない理由と審査基準!

■楽天カードは審査が優しいって本当なの?

インターネットで検索していると、数あるクレジットカードの中でも、楽天カードは、申し込み審査が通り安いとか、ポイントが貯まり安いという情報が多くあります。確かに、楽天を通して買い物をするとポイントは貯まっていきますよね。

しかし、楽天カードの申し込み審査が通り安いというのは、どうなのでしょうか?楽天カードもクレジットカードには、代わりありません。

そのため、誰でも持つことが出来ると思っても、きちんとした審査があることを忘れないようにしましょう。楽天カードの審査に申し込みをして、結果の通知が来た時に「ご期待に沿うことができませんでした。」という連絡を受けてしまうと、本当にショックですよね。「えっ、何で?」という感じになってしまいます。

では、なぜ、楽天カードの申し込みをしても審査の段階で、落とされてしまうのでしょうか?そこで、今回は、楽天カードの審査を落ちてしまう理由と、その対策についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

■楽天カードの審査に通らないのは、なぜ?その答えとは

楽天カード 通らない

クレジットカードの中でも、審査が緩いと言われている楽天カード。申し込んだはいいけど、楽天カードの審査は『ご期待に沿うことが、できませんでした。』の通知。。。「えっ、どうして審査に通らなかったのだろう。」「毎月きちんと支払いを行っているのに、なぜ?」と思ったことありませんか?

 

クレジットカードにはカードローンの支払いの有無の他にも、審査をされているポイントがあります。

 

意外にも『今までに、クレジットカードやローンの利用履歴があるか、どうか』という点でも審査の対象になっています。

たとえば、今までに車や家電製品を買うときに、クレジットカードを一度も使ったことがなく、現金払いをしていた人が、クレジットカードを作るとなると、どのクレジット会社にも情報が全くありませんよね。そうなると、カード会社から「個人信用情報にも、データーがないから、大丈夫だろうか?」と、判断されてしまうのです。

もう少し詳しくたとえると、あなたが、AさんとBさんから、1万円を貸して欲しいと言われたとします。Aさんは、今までにも数回お金貸したことがあるのですが、きちんと返してくれました。しかし、一方のBさんは、初めてお金を貸すので、返してくれるだろうかと心配になってきますよね。

このように、個人信用情報機関にデーターが残っていないと、毎月の支払いが出来ていても、カード会社があなたとBさんのような関係になってしまい、審査の結果通らないこともあるのです。

では、楽天カードの申し込み審査に通らない時は、どのようにすれば通る様になるのでしょうか?そこで、楽天カードの審査に通らない理由や原因、再審査を行うときのテクニックについてお伝えします。

■楽天カード審査に不利になってしまう6つの審査基準!

楽天カードの審査申し込み対象者は、「18歳以上(高校生は除く)」となっていますよね。と、言うことは年収が低くても楽天カードの審査申し込みを受けることが出来るということです。主婦の方やパート、アルバイトの方、それに大学生も楽天カードの審査申し込みは、OKと言うことになります。

では、なぜ、それなりの収入があっても、楽天カードの審査に通らないのでしょうか?大きく6つの原因が考えられます。

ローンの返済が滞っている

その他にも、住宅ローンや自動車ローンなどの返済が遅れがちだったり、消費者金融への返済が滞ったりするのも、お金に対してルーズだと思われて、審査の段階でマイナスの要素になってしまいます。それから、過去に任意整理や自己再生、それに自己倒産などの経験がある方も、前述したように『CIC』や『JICC』で全てわかってしまいますので、楽天カード申請の審査の段階で落とされてしまいます。

携帯電話料金の滞納

また、日頃からあまり意識していない人が多いのが、携帯電話料金の支払いの遅れです。「携帯料金くらい少し遅れてもいいや。」と言う、その考え方が命取りになってしまうのです。最近では、スマートフォンを持っている人の割合が多くなり、大部分の人が、機種代金を割賦購入しているのでは、ないでしょうか?実は、これは『ローン』を組んでいることと、同じことなのです。そのため、支払いが遅れたり、滞納があったりするとカード会社から「この人は信用力がない人」だと烙印を押されてしまい、楽天カードの審査を通過することができなくなるのです。

他社の利用残高が多い

消費者金融やカードローンでお金を借りまくっている人、また他社のクレジットカードで利用上限いっぱいでリボ払いをしている人もカードの審査が厳しいようです。このような状態ですと、どんなに収入があっても、未払い残高が大きいため、楽天カードの審査にも不利になってしまうのです。

また、同じようなことですが、楽天カードに限らずクレジットカードを10枚以上持っている人も要注意人物として見られてしまいます。それは、なぜかと言うとクレジットカードの枚数が多いと、『お金に困っている』とか『負債が多いのではないか』と審査する側に受け取られてしまいます。クレジットカードの枚数もどれだけ所持しているのか、また、どれだけの支払い額が残っているのかは、全て『CIC』や『JICC』を通してわかってしまうのです。

過去6ヶ月以内に申請申し込みに落ちた

さらに、注意しておくことが、この過去6ヶ月以内に楽天カードのクレジットカードの審査申し込みに落ちている人です。何度も続けて申し込みを行っていると、「この人は、お金に困っている」というレッテルを張られて楽天カードの審査申し込みでも落とされてしまう可能性が高くなってしまうということです。

ポイントサイトを利用している

ポイントサイト経由で申し込むとポイントサイトからも特典がもらえて楽天カードからもポイントが貰えるとあって利用してたりしませんか?意外にも意外で審査が通らない原因でありがちなのがポイントサイトを経由している事です。楽天はちゃんと利用してくれる方が理想であって、ポイント狙いだけの人は事実いらないのです。その為、審査も厳し目に設定されているので注意が必要です。

ポイントサイト経由で楽天カードの申し込み、審査をしていて通らないのであれば経由させない事をおすすめします。収入があり遅延がないのに審査が通らない理由として多いのがポイントサイトを経由していることです。

過去のカード利用歴

まずは、あなた自身の過去のカード利用状況について思い出してみましょう。今まで、他社のカードを使ってショッピングやキャッシングをしたことありませんか?毎月の返済がきちんとできていれば、問題はないのですが、2回3回と滞ってしまい返済ができていない状態だと問題です。

楽天カードもクレジットカードですので、審査の際に『CIC』、『JICC』、『KSC』でこれまでのカード利用状況など個人信用情報機関が把握しています。そのため、過去のカード利用歴や支払いが悪いと、お金の使い方ルーズだと判断されてしまい、楽天カードの申し込み審査の段階で、落とされてしまうのです。

【個人信用情報機関とは、どんなところ?】

個人の信用情報を取り扱っている機関として、『CIC』『JICC』『KSC』の3つがあります。個人信用情報とは、クレジットカードや割賦払い、各種ローンの契約・支払い状況などの取引事実を登録した個人情報になります。

この個人信用情報を参考にして、各クレジット会社は、審査を行っているのです。それでは、1つ1つ見ていきましょう。

CIC「株式会社シー・アイ・シー」
CICは、主にクレジットカードや車のローン、それに携帯電話のローンなどの登録情報を多く取り扱っています。加盟会社には、クレジット会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社等が加盟しています。
JICC「日本信用情報機関」
JICCには、クレジットカードや消費者金融の情報が多く登録されています主に、クレジット会社、貸金業、リース会社、保証会社などが加盟しています。
KSC「全国銀行個人情報センター」
KSCは、各銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人情報機関になります。主に、銀行系クレジットカードや銀行の住宅ローンの情報が、多く登録されています。

まとめると、『CIC』は、ほとんどのクレジット会社が加入していますし、『JICC』は、主に信販会社、消費者金融などが加入していることになります。また、『KSC』は、全国の銀行協会が設置・運営している組織になります。

 

このように、クレジットカードやローンを利用する際は、私たち消費者の『信用力』を判断するため、信用情報機関に登録されている情報で確認を行っているのです。しかし、楽天カードの申し込みを行った結果、なぜ審査が通らないのか、どのような登録情報が影響していたのか、自分で知ることはできません。

知る方法として2つあり、

『1つ目』
CICやJICCなどに、開示情報を取り寄せる方法。しかし開示情報を取り寄せるとなると、時間も手間もかかります。

『2つ目』
行政書士法人に頼む方法です。圧倒的に早いですが、クレジットカードを作るが為にわざわざ依頼するのもバカらしいのでそこまでする必要はないと考えます。

そこはご自身の判断にお任せします。

■楽天カードの申し込み審査に落とされない秘策とは?

それでは、このように楽天カードの申し込み審査で落とされないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?実は私も楽天カードに一度審査落ちしています。(年収550万 過去延滞なし)どれが決め手になったのかは定かではありませんが、実際に試してみて2回目の楽天カード審査では通りました。行なった方法を私の体験も交えてご紹介します。

楽天カード

不要なカードを解約する

クレジットカードを数多く持っていると、なんだか優越感があるような感じがしますよね。しかし、実際は、カードの所持枚数が多いと前述したように、楽天カードの審査時にも不利な状況になっています。そのため、楽天カードを申し込む前に、不要なクレジットカードやカードローンのカードを解約しましょう。(もしくは他社のキャッシング枠を0にする

私も楽天カードを申し込むときは、使わないカードが5枚ありましたので、いつも使うカードのみ残して、解約してしまいました。私の残ったカードは、2枚です。(1枚は紛失の際の保険用)

他社からの借り入れ状況を正確に記入する。

楽天カードの審査を申し込む際に、他社からの借り入れ状を正確に記入するようにしましょう。たとえば、借り入れ金額が180万円あるのに、100万円と記入すると、すぐに嘘だと分るのでやめましょう。

また、小さなことですが、携帯の機種代金もローンですので、そこまで正確に丁寧に記入すると評価が上がるようです。カード会社に電話問い合わせするとすぐ教えてくれます。

住居年数と固定電話の記入は忘れずに

楽天カードの審査に限らず、多くのカード会社がスコアリング審査と言って、点数付けを行っています。このスコアリング審査では、住居年数が長い方が点数も高いようです。

また、家庭に固定電話がある方は、忘れずに記入するようにしてくださいね。最近では、携帯電話だけの家庭が多くなってきましたが、固定電話があった方が信頼性が高まりスコアリング審査の点数も高いのです。

私は携帯電話だけの申請でしたが、どちらにしても記入は忘れないようにしましょう。

安定した収入が必要

楽天カードの審査申し込みは、18歳以上(高校生は不可)なら誰でも申し込みができますが、安定した収入があった方が有利です。カードを発行する側も、返済能力があるか、どうかきちんと見極めを行っています。

誤字脱字に気をつける

「えっ、そんなこと当たり前では?」と思われるかもしれません。インターネットで申し込みを行う際も、誤字脱字がないか3回は繰り返し確認をするようにしましょう。誤字脱字が多いと、「この人は、注意力がない」「信用度が低い」と判断されてしまいます。

【重要】ポイントサイト経由にしない

私が初めて楽天カードに申請した際は、ポイントサイト経由です。見事玉砕しましたが、本心は「えっ?なんで通らない?」と不満でした。審査が厳しくなるかもと考え、2度目の審査ではしっかり楽天カードのキャンペーン窓口から申請申し込みしたところ見事審査に通過にいたりました。

【重要】キャッシング枠を0に設定

審査時に不利な状況を作らないのが重要になってきます。その為キャッシングを利用しない場合には0円に設定しておきましょう。不要なカードを減らす同様に不要な設定を作らないのが鉄則です。

専業主婦の方や未成年の方はキャッシング枠を付けれません
専業主婦の方など年収の金額を0万円と記入した場合には、賃金業法によりキャッシング枠を付けることができません。年収の3分の1を超える借り入れがある場合にもキャッシング枠を設定することができないので注意です。もし、あなたが該当するようならばキャッシング枠を付けず、楽天カードの申し込みページの質問にも買い物利用にチェックをいれましょう。

楽天カード入会後の利用目的

画像引用:楽天カード申込ページより「カード入会後のご利用目的」の項目

 

■ここまでのまとめ

楽天カードの審査にも、他社と同じように越えなければいけないハードルがあることが分かりました。そのハードルの中でも、今回お伝えした6つの項目は、覚えておくようにしましょう。

【楽天カード審査に不利になる6つの審査基準】

①ローンの返済が滞っていないか

②携帯電話料金の滞納がないか

③他社の利用残高が多くないか

④過去6ヶ月以内に申請申し込みに落ちたことはないか

⑤ポイントサイトを利用していないか

⑥過去のカード利用歴

いずれの項目も、過去のカード利用状況や、返済がきちんと出来ているかどうか、カード会社の方もあなたの『信用度』を見極めているということです。

それから、楽天カードの審査に申し込みを行うときのポイントとして、以下の7つの項目を実行してみてくださいね。

【審査に通らない時の7つのポイント】

①不要なカードを解約する

②他社からの借り入れ状況を正確に記入する。

③住居年数と固定電話の記入は忘れずに

④安定した収入が必要

⑤誤字脱字に気をつける

⑥【重要】ポイントサイト経由にしない

⑦【重要】キャッシング枠を0に設定

以上の審査基準項目を実践して、楽天カードの再審査へチャレンジしてみましょう。

通常窓口ではポイントが付かないので注意してください!不安な方はこちらの楽天カード再審査申し込みキャンペーン窓口からどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■それでも楽天カードの審査に通らない!!

まずは、クレジットカードの審査に通るか、通らないかは、発行元の会社がどこであるかがポイントになってきます。

審査が通りにくい順番
銀行系

外資系(アメリカンエキスプレスカード)

信販会社系

メーカー系(家電メーカー・航空会社等)

流通系(量販店・コンビニ)・IT系←楽天カードはこの位置

消費者金融系

の順番になっています。楽天カードの申し込み審査に落とされない秘策を試してみたけど、楽天カードの審査に通らない!!そうした場合は素直に違うカードにしてみることも一つの手です。楽天カード以外にも、同等かそれ以上に審査がゆるい・甘いカードがまだまだあります。お得な情報もありますので、参考に目を通して見てください。

◎YJカード

楽天カードは、IT系に属します。その楽天カードと同じIT系に属しているのが、『YJカード(YAHOO JAPAN)』です。元は楽天グループでしたが、KCカードへ変更になり更に2015年1月5日にYJカードが誕生しました。

YJカード(YAHOO JAPAN)誕生まで
楽天KC株式会社(親会社 楽天)

2011年8月1日 KC株式会社 社名変更

2014年6月25日 KCの株式をヤフー株式会社及びソフトバンクに譲渡

2015年1月5日 KC株式会社をワイジェイ株式会社へ変更し再スタート 

まだYJカード発行して日が浅い事は審査の通りやすさには重要!!

*参考URL:Wikipedia

現在、YJカードは新規申し込み者を募集している状態にあります。いつ審査基準が厳しくなるか予測が付かないので手に入れるなら今が絶好のポイントと言っていいです。

【お得情報!】
入会とご利用で、最大7000ポイントがプレゼントされますし、YAHOOショッピングのご利用で300ポイントがもらえるので、とても便利なカードなのです。YAHOOショッピングでの還元率3%は、大きいですよね。それから、Tポイントが貯まりやすいTカードが一体化したカードもありますので、ファミリーマートでの買い物もやり易いですし、携帯電話のソフトバンクユーザーの方にとっても、とてもお得なカードになっていますよ。誰もが知っているGoogleと並ぶポータルサイトの1つYAHOO JAPANが発行するクレジットカードですので、安心して持つことができますよ。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

◎イオンカード

イオンカードは、主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも、審査に通りやすい。イオンカードは、『18歳以上(高校生不可)で、電話連絡可能な方なら申し込みできる』ということなので、審査のハードルが低いことが予想できます。

また、イオンセレクトは、イオン銀行のカードと一体化されおり、イオン銀行の口座からのチャージで0.5%のWAONポイントがもらえるのです。毎月、20日30日お客様感謝デーの5%OFFは、女性のみならず男性にとってもうれしいサービスですよね。

新規入会で1000P、2016年6月30日までに計6000円以上ETCカード利用で1000P、2016年6月30日までにカードショッピング計30000円以上利用で3000Pとトータル最大5000P付きます。

【デメリット】
ETCカード6000円利用とカードショッピング30000円利用は若干厳し目であるのがマイナスポイント

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

◎ENEOSカード

ガソリン系のクレジットカードとして、『ENEOSカード』があります。このカードは、ガソリン系のクレジットカードの中で、№1の会員数を誇るカードです。申し込み審査もそれほど厳しくなく、多くの人が持つことが出来るカードということになります。

ENEOSカードの特徴として、・P(ポイントタイプ)、C(キャッシュバックタイプ)、S(スタンダード)の3種類。ガソリン・軽油が1リットルごとに2円値引きされます。また、ドライブ中の事故にも備えることが出来る、10kmまでレッカー移動無料サービスや、路上修理30分無料などのサービスを受けることができます。

選ぶならS(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ

【デメリット】
C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

P(ポイントタイプ)、C(キャッシュバックタイプ)の年会費無料は初年度だけ。

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

■楽天カード以外のカードを申し込む際に、知っておくと得する情報

クレジットカードを申し込むにあたり、知っておいて損をしない5つのポイントについて、お伝えしますね。

不要なカードは解約

楽天カードの再審査のところでもお伝えしたのですが、まずは不要なクレジットカードは、解約しましょう。「それなら、何枚持っていれば良いの?」そんな声が聞こえてきそうですね。私は、ベストは、2枚だと思っています。

それはなぜかと言うと、1枚は普段使いに、それともう1枚は、もしも無くしてしまったときの『保険』用としてとっておくのです。そうすることで、もしものときに対処できるのではないかと、考えているからです。

『キャッシング枠』をつけない

クレジットカードを申し込むにあたり、持っているカードの枚数が多いほど不利になってしまいます。それは、前述したように、『キャッシング枠』があると、総量規制に引っかかってしまう恐れがあるからです。総量規制は、年収の3分の1以上は、借り入れができません。

たとえば、年収が300万円だとすると100万円になりますよね。カードの枚数が多くて、『キャッシング枠』があると、この100万円を超えてしまい、審査に通らなくなってしまうからです。

多重債務は、審査が厳しい

楽天カードに限らず、他社のカードに審査を申し込むときも、現在の利用状況を把握することが、大切になってきます。どんなに、支払い能力があっても、限度額いっぱいまで使っており、尚且つリボ払いをしている人は、カードの審査に不利になってしまいます。なぜかと言うと、支払い残高が多いため多重債務者と判断されてしまうからです。新しくクレジットカードを申し込むときは、あなた自身の現状をきちんと把握するようにしましょう。

3枚以上の『多重申し込み』を行わない

「楽天カードの審査に通らなかったので、悔しい。でもクレジットカードが欲しい」そんな思いから、1度に何社か申し込めば1社くらい審査に通るだろうと思ったことありませんか?その、考えは非常に危険です。

審査する側からすると、「この人は、お金に困っている」「信用度が低い」と見られて、審査の段階で落とされてしまうからです。カードの申し込みを行うときは、安全を見て1枚(1社)ずつ、申し込みを行うようにしてくださいね。

安定した収入があること

楽天カードをはじめ、多くのカード会社が申し込み年齢は、18歳以上(高校生不可)となっていますよね。やはり、カードを発行する側としても、収入が低い人よりも高い人の方が信頼性はありますので、審査申し込みを行う際も、有利になっています。

パートやアルバイトの方も、カードが発行されるのですが、利用できる限度額が低く抑えられているのが、現状です。どうしも、楽天カードが欲しい場合は、6か月間は我慢をして、他のカードを使うようにしましょう。そして、その後半年経ったならば、楽天カードへの審査に、再チャレンジです。その時は、前述した『楽天カード以外のカードを申し込む際に、知っておくと得する情報』を確認するようにしてくださいね。

■楽天カードの審査に通らない時に選びたいクレジットカードランキングTOP3

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

■まとめ

楽天カードの審査に通らない原因として、過去のクレジット情報が、大きく影響していることがわかりました。

その情報が、登録されているのが、

CIC

JICC

KSC

でしたよね。

あなた個人の『信用情報』は、そこで、きちんと管理されているのです。『信用情報』は、将来のクレジットライフに大きな影響を与えますので、確認をしておくようにしましょう。

それから、楽天カードの再審査を受けるに当たって大切な3つのポイントをまとめておきますね。

不要なカードを解約する

他社からの借り入れ状況の確認を行う

誤字脱字がないように丁寧に記入する

3つのポイントをクリアーして、楽天カードの再審査にチャレンジしましょう。

 

通常窓口ではポイントが付かないので注意してください!不安な方はこちらの楽天カード再審査申し込みキャンペーン窓口からどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

公開日:
最終更新日:2016/03/13