なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

プロパーカードの審査って難しいの?JCBカード審査通過のための3つのポイントとは?

   

■JCBのプロパーカードって、どんなカードなの?

前回の記事では、JCBカードの提携カードについてお伝えしました。そこで、今回は「JCBプロパーカード」についてお伝えしていきますね。
提携カードは、JCBカードがライセンスを発行することによって、その加盟会社が提携をして発行されています。プロパーカードは、JCBカード自体が保証会社になっており、審査・発行しているカードになるのです。そのため一般的な提携カードよりも審査が厳しいと言われています。
では、実際のところはどうなのでしょうか?詳しく見て行くことにしましょう。

■プロパーカードの審査って難しいの?審査通過のための3つのポイントとは?

JCBカードのプロパーカードは、審査が厳しいと言われていますがその内容は公になっていません。JCBカードでも他のクレジットカード同様に、審査においてスコアリングが行われています。特に次の3つの内容は重要視されているので確認しておきましょう。

① 返済能力
② 性格
③ 資産および財産

① 返済能力

楽天カードやイオンカードなどのJCB提携カードは、アルバイトやパートの方でも審査に通り易いですよね。しかし、JCBプロパーカードでは「安定した継続的な収入がある方」という条件があります。そのため、アルバイトやパートの方の場合、収入が不安定だと判断されて審査において通らない可能性があります。
またプロパーカードは、審査のハードルが上がりますので正社員で年収300万円以上の方だと、収入が安定しており返済能力があると判断されるようです。

② 性格

JCBプロパーカードでは、「①返済能力」に加えて、申し込み者本人がどのような人なのか確認されます。たとえば、毎月の返済に遅延や延滞が多い場合には、その人は「お金にルーズな性格の人」という烙印を押されてしまい、瞬殺されてしまいます。
また、返済情報も全て個人信用情報機関に登録されますので、隠すことができません。そのため、良いクレジットヒストリーがあり、事故情報がないことが審査において重要になってきます。
このように、毎月の返済をきちんと行っていくことで、JCBプロパーカードに申し込みを行っても返済出来る信頼できる人だということを伝えていくことが大切です。

③ 資産および財産

この場合の資産とは、カードの返済に充てることが出来る金額を指します。そのため申し込みを行う際には、自分の預貯金と利用金額を見比べながら記入するようにして下さいね。
預貯金がないからと「0円」と記入してしまうと、返済力がないと判断されて審査において不利になってしまいますので注意するようにしましょう。

■まとめ

今回のJCBプロパーカードの記事はいかがだったでしょうか?普段使っているJCBの提携カードと審査内容は変わらないのですが、JCB独自の審査基準がありますのでその分厳しくなってきます。
特に審査において重要視されている項目をまとめておきますね。
① 返済能力
② 性格
③ 資産および財産

これら3つのポイントを抑えて、楽天カードでクレジットヒストリーを築きJCBプロパーカードにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 審査基準について