なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

人気の楽天カード、現在の審査状況とは?

   

 

■人気の楽天カード、その審査状況とは?

『楽天カードマ~ン』のCMでもおなじみの楽天カード。

フリーターや専業主婦の方でも、審査に通りやすいという口コミ情報が多いですよね。

こういった口コミ情報から審査状況を考えてみると、甘いのかなあと考えてしまいますよね。

 

しかし、実際には、どうなのでしょうか?

インターネット上には、定職についていても審査に落ちてしまったという情報も少なからずあるようです。

では、なぜ楽天カードの申し込みにおいて、審査に通ったり、落ちたりするのでしょうか?

そこで、今回は、楽天カードの審査が甘いのか厳しいのか、その審査状況についてお伝えします。

■楽天カードの審査は、甘い、厳しい?審査を通るためのポイントとは?

楽天カードを使いたいと思っても、入会審査に通れるか不安になってきますよね。

その楽天カードの入会条件としては、『満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)高校生は除く』となっています。

表向きは、このような状況ですが、条件だけを見ると誰でも簡単にカードを発行してもらえると感じてしまいます。

無職で収入が『0円』の方、高校生以外なら誰でも持つことができるということです。

 

しかし、楽天カードもクレジットカードである限り、きちんとした審査が行われているのです。

たとえば、自己申告の『年収』ですが、勤続年数や業種、それに役職など、統計的なデーターから大きくかけ離れていないかをチェックされています。そのため、年収を多く申告していると、『ウソ』だということが分かってしまい、審査の段階で落とされてしまうのです。その他にも、他社のクレジットカードでの借入状況など、申し込み時に偽りなく記入するのもポイントの1つです。

 

それから、カード会社からの信頼を得るためにも、固定電話がある方は申し込み時に、忘れないように記入をするようにしてくださいね。

電話は、緊急時の連絡手段なのですが、固定電話があるとカード会社からしても安心感を持たれるようですよ。固定電話がない方は、申し込みを行う際に、自宅の電話番号欄に携帯電話の番号を記入するようにしましょう。

 

このように、審査が甘いと思われがちの楽天カードですが、きちんとした審査が行われているのが現在の状況です。審査が厳しいと感じる場合には、まず申し込みの段階で偽りなく、丁寧に記入するようにしてくださいね。

特に、ネットで申し込みを行う場合には、空欄や誤字脱字がないか3回は見直すようにしましょう。

■まとめ

今回お伝えした楽天カードの審査状況の記事は、いかがだったでしょうか?

審査が甘いと言われている楽天カードですが、実際はきちんとした審査が行われているということを頭の中に入れておきましょう。

また、スムーズに審査を通るためにも、申し込みの段階で現在のあなたの状況をきちんと伝えるようにしてくださいね。

 

特に、

・他社からの借入状況は、偽りなく記入する

・安定した収入があること

・固定電話、携帯電話の両方を記入する

 

以上の3つのポイントを抑えて、念願の楽天カードをゲットして欲しいものです。

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 審査基準について