なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

気になる楽天カードの審査、甘いと言われる理由をカード会社の立場で考える

   

 

■気になる楽天カードの審査、甘いと言われる理由を徹底解明

今やテレビのCMや、雑誌にも掲載されて人気№1のカード、楽天カード。

インターネットで検索していても、楽天カードは審査が甘いという口コミ情報がありますよね。

しかし、実際のところ楽天カードが審査基準を発表していないために、本当に審査が甘いかどうか私たち第三者から見て、その理由を見つけることは難しいです。

 

そこで、楽天カードの審査が甘いと言われる理由について考えてみました。

たしかに、楽天カードの申し込み条件を見てみると、『満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生)*高校生は除く』と謳ってあります。

これだけを見ると、「誰でも申し込みできるのだなあ」と思ってしまいますよね。

この申し込み条件から考えられることは、他のクレジット会社のカードでは、申し込み審査が難しい人でも、『楽天カードでは、審査を行いカードの発行をしますよ。』というメッセージだと考えられます。

そのため、安心して申し込みを行って欲しいというカード会社の思いがあるのです。

通常カードを発行してもらえない人からすると、カードを作れる会社という目線で見たとき、楽天カードは審査が甘いとされる理由になるのではないでしょうか。

■カード会社の立場で考える

楽天と聞くと、インターネットでの通販が本業ですよね。

そのため、決済業務が不可欠になってきます。

物販の売り上げだけではなく、その支払いをクレジットカードで行ってもらえれば、支払い手数料を収益にできますよね。

ですので、カード利用者が増えれば、その分収益が見込めるのです。

 

私たち利用者からすると、楽天カードを持っていれば、ポイントが貯まり安くなり、楽天市場を利用しやすくなりますよね。

楽天カード側からすると、カードを発行した分だけ楽天市場の利用者が増えるので、その分売り上げも上がります。

そのため、多くの人にサービスを利用してもらいために、審査基準を柔軟にしている理由かもしれないのです。

 

このような点を踏まえて考えてみると、楽天カードは、他のクレジット会社よりも審査が甘いと言われて理由なのでは、ないでしょうか?

また、クレジットカードでリボ払いやキャッシングを利用すると、金利が付きますよね。

実は、それがカード会社の利益として入っているのです。

多くの人に利用してもらうことで、手数料(金利)収入が見込めるため、申し込み時に自動リボ登録を行っていると審査に通り安いと言われる理由なのかもしれません。

■まとめ

楽天カードは、クレジットカードの中でも人気のカードです。

そのため、多くの人に利用してもらうためにも、『満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生)*高校生は除く』という申し込み条件を設けてあると冒頭でお伝えしました。

この申し込み条件から言えることとして、申し込み審査が難しい人でも安心して申し込んで欲しいという思いが、審査が甘いと言われる理由の1つとして考えられます。

2つ目に、審査を柔軟にすることで、多くの人に楽天市場を利用してもらい、売り上げとカードでの手数料の収益を上げることができます。

そうすることで、カード利用者にはポイントを還元できますし、利益も見込めることできます。

そのことが、楽天カードが審査が甘いと言われる大きな理由なのかもしれませんね。

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 審査基準について