なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

楽天カードの審査に通らない人に言える、3つの共通点

      2016/08/26

■審査が甘い楽天カード、通らない人もいるの?

「えっ、何で?」

期待を持って楽天カードに申し込みを行ったのに、「厳選な審査の結果、ご期待に沿うことが出来ませんでした。」というメールが届くと本当にショックですよね。自分では、普通に申込書に普通に記入したつもりでも、カード会社からしたら何か問題があったということになります。しかし、カード会社は、審査結果を教えてくれませんので、何が問題なのか良くわからないのです。

では、なぜ、楽天カードの審査に通る人と、通らない人がいるのでしょうか?そこで、今回は、楽天カードの審査において、審査に通らない人の特徴についてお伝えしていきます。

■楽天カードの審査に通らない人に言える、3つの共通点とは?

数あるクレジットカードの中でも、審査が甘いと言われている楽天カードですが、審査において通らない人も少なからずいるようです。

実は、このように審査に通らない人には、共通していることが3つあります。

それが、以下の3項目です。

① 申込書の不備

最近では、インターネットによる申込みが増えていますが、そこに落とし穴があったのです。申込みでは、必須欄は必ず記入するようになっていますよね。しかし、それ以外の任意の欄を空欄にしていることがありませんか?

 

実は、申込みの欄すべてがスコアリング審査の対象になっていますので、空欄を作ってしまうと、そこは点数が点けられず『0点』になってしまうということです。楽天カードの申込みでは、審査にプラスになるように、わかる範囲は全て記入するようにしましょう。

また、年収が少ないからと水増しして申込みを行うと、個人信用機関に照会されたときにすぐにわかってしまいますので、偽りがないように記入するようにして下さいね。それから、審査に通らない人には、年収の書き方が間違っている人が多く見られるようです。

それは、『税込年収』ではなく、『手取りの年収』を記入して、申し込んでいるということです。税込年収とは、源泉徴収票の一番左側に書いてあり、社会保険料や税金を引かれる前の金額になります。手取りの年収を記入してしまうと、逆に申告した年収が低くなってしまうことになり、不自然な数字が並んで、審査に通らないことになってしまう訳です。

② 多重申込み

楽天カードをはじめ、クレジットカードは、お金を貸してくれる借金と同じになります。そのため、カードの作り過ぎは審査において不利になってしまうのです。カードの保有枚数が増えるほど、限度枠は小さくなりますし、場合によっては、カードの発行が不可になってしまいます。

また、楽天カード以外の他のカードを与信枠(限度額)いっぱいまで使っていたり、その金額をリボ払いで払っていたりするのも審査においてマイナスになってしまうことになります。

では、このような場合はどうすれば良いでしょうか?

それは、不要なカードを解約したり、または限度額を引き下げたりすると審査に通る可能性が高くなってくるのです。ちなみに、私が楽天カードに申込みを行ったときは、主に使っていたオリコカード以外全て解約をして、1枚のみにしました。そうすることで、楽天カードをメインとして使い、オリコカードはもしも無くしてしまったときの保険として、家に置いておくことが出来るからです。その結果、楽天カードの審査には、スムーズに通ることが出来ましたよ。

③ 遅滞、延滞がある

楽天カードの審査において、通らない人に共通して言えることが、ローンの支払いの遅滞、延滞です。

特に最近では、多くの人がスマートフォンを持っていますよね。このスマートフォンの機種代金を月々の分割払いで払っているが多いですが、実は、これもローンの1つなのです。

『スマホの代金くらい2~3カ月遅れても良いや』と思っていると、それがあとから自分の首を絞めるにつながるのです。クレジットカードが使えなくなるだけではなく、最悪の場合、住宅ローンや車のローンも通らくなくなってしまう恐れがあるからです。そのため、楽天カードをはじめ、多くのクレジットカードの審査では、過去のカードの利用履歴やローンの支払いが大きく関係してきます。信用を無くさないためにも、月々の支払いをきちんと行うようにしましょう。

■まとめ

今回の楽天カードの審査に通らない人に関する記事は、いかがだったでしょうか?

審査に通らない人には、共通して次の3つがありましたよね。

① 申込書の不備
② 多重申込み
③ 遅滞、延滞がある

以上の3つに不備があると、楽天カードだけではなく多くのクレジットカードの審査に通らない恐れがあります。

楽天カードもクレジットカードの1つですので、あなたに『返済能力があるかどうか』を審査において見極めているということです。

それが、審査において通る人と通らない人の違いになってくるのです。

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 楽天カード