なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

楽天カード審査に落ちる人の原因は、○○にあった!その解決方法!

   

■人気の楽天カード、審査に落ちる人もいるの?

楽天カードは、アルバイトやパートの方、それに主婦の方など収入が低い人でも審査に通れると言われていますよね。

しかし、インターネットで情報を集めていると、安定した収入があっても、楽天カードの審査に落ちる人も少なからずいらっしゃるようです。

 

では、何故、ある程度の収入があっても、審査に落ちる人がいるのでしょうか?

そこで、今回は楽天カードの審査に落ちる人の原因とその対策について考えてみました。

■カード審査に落ちる人の原因は、ここにあった!その解決方法とは?

まず、楽天カードの審査に落ちる人は、審査基準を満たしていない可能性が考えられます。

楽天カードをはじめ多くのカード会社が、スコアリングによる審査を行っています。

スコアリングは、勤続年数や年収など統計的なデーターと照合して、審査が行われていますが、申告した内容に不自然な点が見られると落とされてしまうのです。

たとえば、総額で年収が500万円あったとしましょう。

 

申し込みを行う段階で、収入欄のところに総額年収の500万円と書かないといけないところ、社会保険料や厚生年金など差し引かれた手取り年収420万円と書いてしまった場合に、審査で落ちる人がいるのです。

前述したように、カードの審査には、スコアリングによって点数がつけられています。

この場合は、統計的に見て職業柄や役職、それに勤続年数によって500万円前後の収入があると考えられる場合、420万円では基準に満たないことになってしまいます。

そのため、収入の欄には、手取りの収入ではなく年間の総支給額を記入するようにしてくださいね。

 

また、審査に落ちる人に見られるのが、記入ミスによるものです。

申し込み用紙によって楽天カードの審査を受ける場合は、ボールペンで記入しますので、ほとんど記入ミスはありませんよね。

ミスがあるとその場で気づいて、訂正します。

 

しかし、最近では、インターネットによる申し込みが増えていますので、うっかりミスによって、審査で落ちる人が多いようです。

たとえば、電話番号において『○○○-△△△-○○67』と記入しないといけないところを、『○○○-△△△-○○76』と間違って記入したとします。

そうすると、カード会社から在籍確認の電話があった場合に、違うところに電話がつながってしまい在籍の確認がとれず、偽りがあったとして審査から落とされてしまうのです。

ちょっとした手違いが、命取りにつながってしまいますので、特にインターネットで申し込みを行う場合には、最低3回見直しを行うようにしましょう。

 

その他にも、クレジットカードを10枚以上持っているなどカードを作りすぎている場合も、審査に不利になってしまいます。

カードを多く持っていると、『お金に困っているのではないか?』『自転車操業になっているのではないか?』と審査する側に不安に思われてしまうからです。

そのため、使っていないクレジットカードは、解約して『私は、楽天カードをメインカードとして使います。』と意思表示をするようにしましょう。

■まとめ

審査が甘いと言われる楽天カードですが、実はきちんとして審査が行われていることがお分かりになったのでは、ないでしょうか。

楽天カードの審査に落ちる人の傾向として、考えられることが、申し込みの段階でミスが多いということです。

 

まとめてみると、

◎収入の欄は、手取りの収入ではなく年間の総支給額を記入すること

◎勤務先の電話番号、自宅の電話番号、携帯の番号それぞれ間違いがないように、記入を行うこと

(間違いがあると偽りがあったとして、審査で落とされてしまいますので、必ず3回は見直しを行うようにしましょう。)

◎所持しているクレジットカードの枚数が多い

クレジットカードの利用も、広く見れば借金と同じですので、楽天カードに限らず他のカード会社に申し込む際も不利になってしまいます。

 

そのため、不要なカードは、解約をするようにしましょう。

楽天カードの審査で落ちないようにするためにも、学生時代の試験のように、最後までしっかり見直しをするようにしてくださいね。

念願の楽天カードは、すぐそこですよ!

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 楽天カード