なぜ楽天カードの審査が通らないの?審査落ちしてしまう理由と審査基準!

楽天カードの審査に通らない場合に考えられる理由について解説します!再申し込みにはするには審査落ちした理由や原因を知り、審査基準をクリアにしてから挑むのがベスト!

楽天カード&クレカ審査落ちの理由はココにあった。その3つの理由とは?

      2017/01/09

■楽天カードでも審査落ちするの?

楽天カード

クレカの中でも、審査が緩いと言われている楽天カード。誰でも簡単に持つことが出来るカードだと思ってしまいますよね。
しかし、ネット上には安定した収入があっても、審査落ちをしたというクチコミ情報があります。なぜ、安定した収入があっても審査落ちをするのでしょうか?それは、何か審査落ちする理由があるからです。
また、審査落ちをしたとしても、カード会社は落ちた理由を教えてはくれません。

そこで、今回は、楽天カードをはじめクレカにおける審査落ちの理由についてお伝えしていきます。

■クレカ審査落ちの理由はココにあった。その3つの理由とは?

クレカを申し込む際には、自分は審査に通ると思い込んでしまいがちです。しかし、実際に審査結果を見てみると「審査落ち」ということがあるのです。
では、なぜクレカにおいて審査落ちをするのでしょうか?そこには、3つの大きな理由があったのです。

それが、以下の3つになります。

◎申し込みの不備

以前は、申込用紙からの申し込みが多かったですが、最近ではネットからの申し込みを行うことが増えてきましたよね。しかし、実は審査落ちの理由がここにあったのです。
それは、タイピングミスです。ネットからの申し込みは、オンライン上からパソコンやスマートフォンなどからアクセス出来て、入力も簡単ですよね。しかし、数字を1つ間違ってしまうだけで偽りがあったとして審査落ちになってしまうのです。

たとえば、住所の番地や電話番号など個人信用情報機関に照会を行ったときに、データーの不一致があれば、偽りではないかと疑われてしまうわけです。カード会社が確認の電話を行ったときに、違う所に電話がつながってしまったということもあるようです。

さらに、もう1つ申し込み時に注意する点があります。それは、空欄を作らないことです。
楽天カードでは、審査においてスコアリングが行われています。実は、必須項目以外の任意の欄も点数が付いていますので、そこを空欄にしてしまうと「0点」になってしまい基準点に満たずに審査落ちをしてしまう恐れがあるのです。そうならないためにも、全ての欄を埋めるように記入してくださいね。

◎審査基準を満たせていない

・収入面
楽天カードをはじめ全てのクレカの審査で確認されていることが、「安定した収入があるかどうか」です。正社員か派遣社員か、勤続年数は長いか短いかなどによってスコアリングの審査基準も違ってくるのです。
たとえば、楽天カードの場合には派遣社員で勤続年数6ヶ月勤務より、パートで2年間勤務の方が審査に通り易いことになります。
ようは、収入面を確認することで、安定した収入があり返済能力があるかどうか審査を行うことで見られているのです。

・住居
クレカの審査の場合は、住居の状態も確認が行われます。賃貸の場合よりも持ち家の方がスコアリングにおいて点数は高いのです。
楽天カードだけではなく他のクレカでもそうなのですが、賃貸の場合住居年数が短いよりも長い方が審査には通る可能性が高くなります。
たとえば、アパート住まいで住居年数が6ヶ月で申し込むより1年経過後に楽天カードに申し込んだ方が審査には有利になるということです。住居を転々としていると「信用性」がないと判断されて審査落ちになってしまうことになります。

◎信用情報に問題あり

最近では、スマートフォンやiPhoneが普及してそれを分割購入する人も増えてきましたよね。しかし、ここにもクレカ審査落ちの理由があったのです。
それは、スマートフォンやiPhoneを分割購入することは、ローンを組んでいることと同じことになるのです。そのため、月々の支払いに遅れがあると個人信用情報にキズが付くことになり、審査落ちになってしまうことになります。
審査が甘いと言われる楽天カードでも、このように支払いが遅れる状態が続いてしまうと審査を通過することはできません。

それから、支払いや返済をきちんと行っていても審査落ちをすることがあるのです。それは、
他のカード会社や消費者金融からの借入が多い場合です。楽天カード以外のクレカでの支払いで、借入金額いっぱいをリボ払いで払っていたり、消費者金融からのキャッシングが限度額いっぱいだったりするのも審査おいてマイナスポイントになります。それは、「返済出来るのだろうか」「自転車操業になっているのではないか」と不安視されるからです。

信用情報にキズが付かない様に、借入金額、返済能力を考えてクレカを利用する必要があるのです。

■まとめ

今回の記事は、いかがだったでしょうか?審査が甘いとされる楽天カードでも審査落ちをしてしまうことがあることがわかりました。そこには、3つの審査落ちの理由がありました。
それをまとめてみると、
◎申し込みの不備
◎審査基準を満たせていない
◎信用情報に問題あり

楽天カードは、審査基準が公開されていないためはっきりした審査落ちの理由はわかりません。しかし、この3つのポイントは、楽天カードだけではなくどのクレカの審査においても共通していることではないでしょうか。

クレカの審査をクリアするためにも、月々の支払い忘れをなくし信用力を高めていって欲しいものです。

楽天カードマンを制圧したいならこちらの記事にもっと詳細に書かれています>>>

楽天カードより審査の優しいクレジットカードランキングTOP3!

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード!

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCBの3種類完備

カード発行で3000Tポイント、初回利用で2000Tポイント、それにYahoo!JAPANでお買い物をすると
2000Tポイントの計7000Tポイントがもらえる。

勿論!年会費永年無料でTポイントが一番たまるクレジットカードです!作らないのは損です!

YAHOOショッピングされる方には通常の3倍の高還元率!

イオンカード

主にターゲットが主婦層の方なので、パートやアルバイトの方でも審査に通り安い事で有名!

【ネット限定】申し込みで最大5000PTがもらえる!

貯まったポイントはWAONポイント(電子マネー)に交換可能とあってもらっておいて損はない

ただ、3ヶ月間で3万円利用はやや厳し目かも

 

ENEOSカード

3タイプとも、入会・年会費無料(初年度)24時間365日受付『ENEOSロードサービス』付き

ENEOS CARD

・P(ポイントタイプ)

・C(キャッシュバックタイプ)

・S(スタンダード)

の3種類。

年会費無料とあるが初年度だけなので注意!

C(キャッシュバックタイプ)は最大7円/リットル引きとあるが月に7万ガソリン代を使わないと値引きにならないので個人向きではない。

S(スタンダード)だけENEOS、加盟店で年1回以上利用で年会費無料なので選ぶならS(スタンダード)がおすすめ☆

3/20~4/19限定ポイントプレゼントキャンペーン中!!

 - 審査基準について, 楽天カード